がんは局所的に起こるゲノム変異の病気だ。爆発的に進化した次世代シークエンサー(NGS)によって、がんの持つヘテロジェナイティーが明らかになってきた。正しい分子標的治療薬を処方するためにより効率的なゲノム変異の探索が求められている。しかしそんな医療が実現するのだろうか。NGSはパンドラの函を開けたのか。

ゲノム解析が拓くがん医療の未来の画像

ログインして全文を読む