薬剤の反応性の違いを分析するためには、治療を受けた患者の組織のバンキングが欠かせない。長年、ゲノム情報からがん本態への肉薄を試みてきた西尾氏にゲノム研究からがん医療に迫る道筋を聞いたところ、今現在の最大の関心事は血液中に出現するがん由来遺伝子を高感度で検出するliquid biopsyだという答えが返ってきた。(聞き手:小崎丈太郎=本誌編集長)

血液中に流れるDNAでがんの性格を知るの画像

ログインして全文を読む