情報工学の表現を借りると、がんとは“遺伝子発現ネットワークのシステム障害”である。ヒトゲノム情報の詳細な解析は、がんの診断、治療、予防法の開発に有効だが、そのためには大規模で高速な計算能力が必要になる。情報工学は日本の得意分野のはずだが、課題も多い。

ビッグデータ時代に突入したがん研究の画像

ログインして全文を読む