多発性骨髄腫の治療においては分子標的治療薬やサリドマイドなどの免疫調整薬が登場しており、骨髄移植施行に匹敵する成績が上げられるようになってきた。プロテアソーム阻害剤をより早い病期で使用することにより生存期間の改善が期待される。

多発性骨髄腫の治療―最近の話題の画像

ログインして全文を読む