分子標的治療薬の導入とともに間質性肺障害の報告が増えている。アジア人の中でも日本人は薬剤性肺障害になりやすいとの評価が固まりつつある。日本医科大学主任教授の弦間昭彦氏はがん化学療法に伴う間質性肺障害の予防と監視の重要性を訴えている。

増える間質性肺障害の報告の画像

ログインして全文を読む