日本癌治療学会(理事長:前原喜彦氏)が「制吐薬 適正使用ガイドライン」を作成、このほど公開した。既に欧米ではいくつものガイドラインが作成されているが、日本国内で利用できるものとしては今回が初めて。後発の強みを活かし、「臨床に真に役立つ」(同ガイドラインの記述)ことを追求した出色のガイドラインとなった。

日本癌治療学会が制吐療法の指針作成の画像

ログインして全文を読む