腫瘍縮小効果がある分子標的治療薬の登場によって腎細胞がんのネオアジュバント療法(術前補助化学療法)が注目されている。まだ保険適応されていないが、第98回日本泌尿器科学会総会では症例報告や関連セッションが相次ぎ、最も注目されたテーマの1つとなった。今総会の議論をもとに、この治療法の現状と課題を報告する。

現実味増す腎細胞がんのネオアジュバント療法の画像

ログインして全文を読む