「神の手を持つ男」と称される脳外科医の福島孝徳先生。世界を駆け巡り、早朝から深夜まで、休みなく難手術に挑まれています。米国を拠点とされていますが、日本の医療改革にも一家言をお持ちです。手術を終えて羽田空港に向かう車の中で、現在の生活や過去の“伝説”、そして政治の話まで、いろいろなお話をうかがいました。

福島孝徳(デューク大学教授・脳神経外科医)の画像

ログインして全文を読む