研究者として歩んでいきたいが、そうなれば臨床現場と距離を置かざるを得ない。自分の選択は間違っていないだろうか…。そんな僕の迷いを断ち切ってくれたのは恩師の生きざまでした」。現在、国内では数少ない医学教育学研究者として、東大医学教育国際協力研究センターに籍を置く錦織宏氏はこう語る。錦織氏が師と仰ぐのは洛和会音羽病院(京都市山科区)院長の松村理司氏だ。

医学教育が結んだきずな 道は違えど先駆者の気概受け継ぐの画像

ログインして全文を読む