医師になって間もないころに外科学の基礎を教わった先輩はいましたが、いわゆるメンターと呼べるような人は、私にはいません。そもそも大動脈瘤に対するステントグラフト術がなかったからです。あえて言うならば、世界で初めて大動脈瘤に対するステントグラフト術を成功させたアルゼンチンのファン・パロディ氏でしょうか。1993 年に彼が発表した論文を読んだ時は衝撃を受け、「血管外科の未来はここにある!」と確信したのです。

背中を追うスーパースターから肩を並べるパートナーにの画像

ログインして全文を読む