私の研究の面でのメンターは、現・国立国際医療センター研究所長の春日雅人先生です。春日先生と出会ったのは、東大と関連病院での糖尿病の臨床研修を終え、当時の第三内科に戻って来たとき。春日先生もその1カ月前に米国ハーバード大のジョスリン糖尿病研究所での留学から帰ってきたばかりでした。

最初の指導者が春日先生ではなかったら 今とは全く違った医者になっていたの画像

ログインして全文を読む