医師の世界では、メンタリングという言葉が知られるようになるはるか前から、技術の伝授という面で、師弟という関係が重要な意味を持ってきた。仕事に行き詰まって悩んでいるとき、あるいは大学院への進学、留学、開業…といった人生の節目で多くの医師が、師匠と仰ぐ医師の助言を受けているはずだ。そう、優れた医師には必ずといっていいほど、その人を見守り支える素晴らしいメンターがいるのだ。

医師の7割にメンター 重視するのは「相談しやすさ」の画像

ログインして全文を読む