若手医師の経験頻度が高いプレゼンと言えば、症例オーラルプレゼンテーションだ。日米3つの教育病院でインターンシップを経験し、症例プレゼンのスキルを徹底的に磨いた聖路加国際病院アレルギー膠原病科の岸本暢将氏に、上達のツボを聞いた。

症例プレゼンの必勝ルールの画像

ログインして全文を読む