刑法第231条に定められている侮辱罪は、事実を示さずに会話やビラ、ウェブサイト、印刷物などで公然と人を侮辱した場合に適用される。つまり、事実ではなく「評価」の部分が人を傷つけるような表現行為を取り締まる刑法規定だ。ただし、何が侮辱罪に当たるのか、その構成要件は条文の文言ではっきり書かれているわけではない。

侮辱・名誉毀損の画像

ログインして全文を読む