私の剣道に対する思いは特別です。出版社から「何か書いてみないか」というオファーがあったとき、「剣道の小説が書きたい」と提案したくらいですから。同じ理由で書きたいのは同じように大学時代にはまっていたマージャンくらいでしょう。剣道の、変化があって、瞬時に勝敗が決まるスピード感が体質に合っているんでしょうね。

「当然優勝」と思っていたのに一度も勝てなかった東医体の画像

ログインして全文を読む