「布団に入る前の5 分間を上手に過ごすことで不眠が改善される人もいる」と、新東京病院総合診療科の柳一夫氏。同氏の外来で不眠を訴える患者は、昼間の興奮や緊張が夜まで続いている人や、将来への不安があるなど、精神的ストレスが原因となっているケースが多いという。

寝る前の5分間、アロマで癒しをの画像

ログインして全文を読む