米国に渡る日本人医師のほとんどが研修目的だが、中には修了後、アテンディングと呼ばれる一人前の医師として残る人もいる。とりわけ日本では出産・育児がキャリア形成の障害になりがちな女性医師にとって、就労環境が整った米国は働きやすいようだ。

アテンディングで残った女性医師の画像

ログインして全文を読む