米国の有力病院で医師として働くには、外国人というハンディを乗り越え、日本とは比べ物にならない難関を潜り抜けなくてはいけない。今、米国でレジデントとフェローとしてトレーニング中の日本人医師たちはどのようにこれをクリアしたのか―。7人の若手医師たちの肉声。

こうして開いた「アメリカへの扉」の画像

ログインして全文を読む