日経メディカル Onlineの調査「日本の医療に貢献した薬」の第7回は、関節リウマチ(RA)治療薬にスポットを当てる。治療への貢献度が高い医薬品としては、RAの治療成績を飛躍的に向上させた免疫抑制薬のメトトレキサート(商品名リウマトレックス他)と、生物学的製剤の先駆的な存在といえるインフリキシマブ(レミケード他)が多くの医師の支持を集めた。

MTXとTNFα阻害薬が群を抜く評価の画像

ログインして全文を読む