日経メディカル Onlineはこのほど会員医師を対象に、疾患領域別に「日本の医療に貢献した薬」を尋ねる調査を実施した(調査概要はこちら)。高血圧治療の分野では、カルシウム(Ca)拮抗薬とアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)が多くの医師から評価され、前者ではアムロジピン(商品名アムロジン、ノルバスク他)が、後者ではアジルサルタン(アジルバ)が高い支持を得た。

Ca拮抗薬とARBに高い評価の画像

ログインして全文を読む