未曾有の超高齢社会を迎え、高齢者の救急受診が急増している。その回避は医療施設の負担を減らすだけでなく、本人のQOLや予後にも好影響を与える。在宅高齢者の救急搬送の実態や容体急変時の対応、救急搬送を減らすための手立てなどについて、老年医学にも精通する救急の専門家に聞いた。

「かかりつけ医と救急医の連携を」の画像

ログインして全文を読む