急性増悪を繰り返し、救急受診が頻回となる誤嚥性肺炎と慢性閉塞性肺疾患(COPD)。誤嚥性肺炎は早期発見による重症化の予防、COPDは急性増悪のパターンの把握による予防を。さらに薬剤とリハビリテーションをうまく組み合わせ、急性増悪を回避したい。

薬剤とリハでCOPDの急性増悪を予防の画像

ログインして全文を読む