90歳女性のAさん。誤嚥性肺炎で救急外来に搬送され、入院となった。しかし、入院によるリロケーション(移転)ダメージでせん妄を来し、点滴を引き抜くなど問題行動を起こし始めた。安全のために身体拘束を行った結果、ADLが低下。入院のきっかけは軽い肺炎だったが、自宅に戻れず介護施設入所となってしまった──。

ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよの画像

ログインして全文を読む