労基署の立入調査と勧告に応じる形で、医師の働き方改革に取り組む病院が現れてきた。変形労働時間制や複数主治医制の採用、土曜診療や当直の縮小・中止など、その手法は病院によって様々だ。果たしてその効果のほどは──。

働き方改革で時短に取り組み始めた3病院の今の画像

ログインして全文を読む