「心肺蘇生を望まない」という患者の意思が確認できていれば、急変時にその意思に従える。しかし、本人の意思を確認できない場合は、気管挿管・心肺蘇生などの蘇生措置を実施するのが医療の基本だ。では心拍は戻ったものの、人工呼吸器下で意識障害が継続し回復の見込みがない患者の家族から「本人はこのような延命を望んでいなかった。その意思を尊重したい」という話が出たら、どう対応すべきだろうか。

推定意思が確認できれば人工呼吸器も中止可能の画像

ログインして全文を読む