コレステロールエステル転送蛋白(CETP)阻害薬の1つであるアナセトラピブには、強いHDL-C増加作用がある。同系薬として初めて大規模臨床試験で有意な心血管リスクの低下を報告したが、米食品医薬品局(FDA)への承認申請は見送られた。

期待集まるHDL-C増加薬だが実用化はまだ先かの画像

ログインして全文を読む