拘束ゼロ実現のためにスタッフが交わしている合言葉が「KYT」――。認知症専門病院である春日部セントノア病院(医療法人忠洋会、埼玉県春日部市)で日々、内科医として認知症の診療に当たる高野正孝氏は、危険予知トレーニング(KYT)こそが「拘束ゼロ」の決め手だと断言します。

拘束ゼロ実現のための合言葉は「KYT」の画像

ログインして全文を読む