日経メディカル Onlineでは2017年10月、「その安定狭心症へのPCI、適切ですか」で、安定狭心症に対する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の過剰適応と、不必要なPCIを減らすため「適切性基準」(AUC)を策定した米国の動きを紹介した。AUCの策定後、米国では安定狭心症へのPCI件数が半減したとされるが、このトレンドをさらに加速させるようなランダム化比較試験(RCT)「ORBITA」の結果が、2017年11月に発表された。

安定狭心症へのPCIを葬り去るほどのエビデンスの画像

ログインして全文を読む