インフルエンザワクチンの効果が不十分だった昨シーズン。A(H3)のワクチンは抗原性が変異しやすく、実際の流行に無力だったとの見方が有力だ。今冬もA(H3)の流行が予測されている。ワクチンの効果減弱に打つ手はないのか。世界のインフルエンザウイルス研究をリードする河岡氏に聞いた。

インフルエンザウイルスの抗原変異は予測可能の画像

ログインして全文を読む