院外との関係に目を向けると診療所では、在宅患者の療養支援を目的とした病院との連携体制づくりの重要性が増している。厚労省は近年、診療報酬改定を通じて急性期病床の絞り込みを誘導。これにより、急性期後の状態の不安定な患者が在宅復帰する例が増えている。そのため在宅医療を担う診療所では、スタッフが病院の退院調整カンファレンスに参加して患者の状態を把握するなど、退院前から病院スタッフと協働することが求められている。

注目集める富山県のかかりつけ医連携支援の画像

ログインして全文を読む