「子どもから高齢者まで、日々の生活の中で起こる全ての健康問題に対応できるクリニックを目指している」。こう語るのは多摩ファミリークリニック院長の大橋博樹氏だ。生活全体を支える診療所にしたいという思いから、2人の医師に加え、薬剤師や看護師、診療所では珍しい医療ソーシャルワーカー(MSW)を雇い、外来、在宅医療で各職種の専門性を生かした運営体制を整えている。

家庭医療専門医3人の診療所、困難例にも対応の画像

ログインして全文を読む