医師の働き方改革のあり方を巡っては、時間外労働の上限設定などを厚生労働省の検討会で議論中で、2019年3月末までに結論が示される予定だ。だが、労働基準監督署による全国の医療機関への立入調査が相次ぎ、医療界は右往左往している。かつて病院にも立入調査に入ったことのある元労働基準監督官の原論氏(原労務安全衛生管理コンサルタント事務所代表、社会保険労務士)に話を聞いた。

「医師は長時間が当たり前」を押し付けるなの画像

ログインして全文を読む