医師の働き方改革に関する議論が進んでいる。2018年1月に、厚生労働省の医師の働き方改革に関する検討会が出した「緊急的取り組み」案では、医師の労働時間短縮のための方策として、タスクシフティングを含む6項目が提示された。タスクシフティングの具体的な方法論について、NPO法人医療制度研究会副理事長の本田宏氏に聞いた。

働き方改革の切り札はフィジシャンアシスタントの画像

ログインして全文を読む