杏林大学医学部付属病院(東京都三鷹市)を運営する杏林学園が、2017年秋に三鷹労働基準監督署から是正勧告と指導を受け、その対応として、2017年末に医師に対して時間外労働賃金の不足分を支払ってていたことがこのたび明らかになった。

 同病院担当者によると、立ち入り調査があったのは2017年7月で、10月26日付けで是正勧告と指導を受けた。

杏林大病院にも労基署、月80時間残業に勧告の画像

ログインして全文を読む