当直明けの連続勤務が、医師の集中力や判断力を鈍らせ、実際に診療ミスが増えていることが明らかになった。勤務医労働実態調査2017の中間解析で分かったもので、全国医師ユニオン代表の植山直人氏が11月9日、厚生労働省で記者会見し発表した。

当直明けの連続勤務で「診療ミス増」が27%の画像

ログインして全文を読む