医師の働き方改革をめぐっては議論が進行中で、早くて7年後から法律が適用されることが決まっている。政府が推進する医師の働き方改革のあり方に対し、2017年9月下旬に厚生労働大臣に緊急要望を提出したのが全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏だ。厚生労働省の中央社会保険医療協議会の委員を6年務めた経験も持つ邉見氏が考える「医師の働き方改革」を聞いた。

労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきことの画像

ログインして全文を読む