昭和大学では今春から、医師の勤務体系にシフト制を導入するなど、大規模な院内の「働き方改革」に着手していることがこのほど明らかになった。これは、昭和大学の附属3病院に、労働基準監督署が立ち入り調査(臨検監督)に入ったことを契機にしたもの。

昭和大学、医師のシフト制や土曜午後診療を導入の画像

ログインして全文を読む