ショックに陥れば死亡率は30%以上にも及ぶ敗血症。近年、病態の解明が進み、微生物の含有成分が主要臓器の炎症性受容体に作用して全身性炎症を惹起し、臓器不全に至る機序が分かってきた。病態に基づく集中治療を実践し、敗血症の救命率を著しく向上させている松田氏に、その勘所を聞いた。

敗血症は治る病気ですの画像

ログインして全文を読む