2011年に米国内科専門医認定機構(ABIM)の呼び掛けで始まった「Choosing Wisely(賢い選択を)」。不要な検査・治療リストを各学会に挙げてもらうこのキャンペーンは、欧州やアジアに広がり日本でも推進団体が立ち上がった。その代表を務める小泉氏に国内での意義や活動方針などを聞いた。(聞き手:本誌編集部長・大滝 隆行)

無駄な検査をしないこともEBMの画像

ログインして全文を読む