腰痛は「国民病」とも呼ばれ、厚生労働省の国民生活基礎調査(2010年)によればいわゆる「腰痛持ち」は2800万人いるとされている。「腰が痛い」と訴えて受診する患者も少なくない。

激しい腰の痛みを訴える44歳男性にMRI検査を行う?の画像

ログインして全文を読む