米国発の「不要な検査・治療リストキャンペーン」が世界的広がりを見せている。その背景にあるのはアウトカム(診療の成果)に加え、検査・治療に伴う有害事象やコストを減らすことで、「高価値医療」を実現しようという新しい考え方だ。

学会が「推奨しない検査」はコレ!の画像

ログインして全文を読む