――4月から新専門医制度がスタートします。総合診療が専門領域に加わる意義を教えてください。
 歴史的に大きな1歩だと考えています。世界的な現象なのですが、医療は高度化に伴ってますます専門分化し、臓器別専門医は分析的に人間の身体を診ます。その結果、「誰が統合的に患者を診るのか」という命題に突き当たりました。「医療の高度化・専門分化の中で得るものとともに、失われるものも多い」という気づきから、「プライマリ・ケアにも専門性が必要である」という考え方が世界的な潮流となっており、日本もその流れの中にあります。

総合診療という新専門領域の確立の意義は大きいの画像

ログインして全文を読む