2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症という社会が到来すると予測されている。一方で近年、糖尿病や高血圧、肥満、身体的不活動など後天的因子が発症に関与することも分かってきた。中年期から早めにそれら因子を抑制すれば、「認知症の発症遅延は十分に可能だ」と島田氏は話す。

認知症の発症遅延は十分に可能の画像

ログインして全文を読む