「認知機能は下がる一方とは限らない。認知症予防を目的にした取り組みへの参加や生活習慣を改善することで、MCIと一度判定された患者でも、認知機能を維持・改善できる可能性はある」。こう話すのは国立長寿医療研究センター予防老年学研究部長の島田裕之氏だ。

自力で家事&人との対話で認知機能の低下を防げの画像

ログインして全文を読む