「2025年には、65歳以上の5人に1人が認知症になる」──。超高齢社会を迎えた日本では、このような推計が示されている。一方、欧米では認知症患者が減少傾向にあり、運動や心血管リスク管理など認知機能を保護する因子に関する報告が相次いでいる。生活習慣病などの危険因子を避け、保護因子を強化すれば、認知症を減らせる可能性は高い。

日本でも「認知症が減る日」は本当に来るのかの画像

ログインして全文を読む