今日も、多くの高齢肺炎患者が病院に救急搬送されている。「どこまで治療すべきか」と疑問を抱きながらも治療を行う医師がいる。自分がどんな最期を迎えたいか意思を示す機会がないまま、望まない治療を受けている患者がいる。今の状況は、患者にとっても医療者にとっても不幸だ。

かかりつけ医は肺炎患者の伴走者たれの画像

ログインして全文を読む