在宅医療の経験から、患者が望む環境で最善の治療をすべきだと考えている。例えば肺炎を起こしても、「入院はしたくない」と希望していれば1日に何度も点滴を行うのは困難な場合が多い。であれば1回投与のセフトリアキソンによる治療を選択するといった考え方で対応可能だろう。

高齢者肺炎、改善可能な低栄養を見逃さないの画像

ログインして全文を読む