新ガイドラインは高齢者肺炎について、まず疾患終末期や老衰の状態かどうかを評価するよう求めている。該当しなければ従来通り最適な抗菌薬治療を、当てはまる場合には患者の意思やQOLを考慮する治療・ケアを推奨する。

どうする?「治療しない肺炎」の診療の画像

ログインして全文を読む