医師への時間外労働規制の適用に関しては今後、前述した新たな検討の場で議論を行い、2年後をめどに結論を得るとしている。だが、そこには幾つもの難題が横たわっている。

応招義務は個々の医師ではなく組織の義務!?の画像

ログインして全文を読む