全人口の約1割がかかっているという過敏性腸症候群(IBS)。患者の社会生活にも支障を来し、QOLを大きく損なう。昨年、国際的診断基準が改訂され、患者の拾い上げが容易になった。病態に即した治療薬も次々と登場しており、患者のQOL改善に寄与しそうだ。

過敏性腸症候群は「心の病」ではありませんの画像

ログインして全文を読む